シミ消しクリームは妊娠中も使える?

妊娠中にシミ消しクリームは使える?

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠中はシミ消しクリームでのケアをしていいものか考えてしまう女性も多いでしょう。

 

結論から言いますと、大半の市販のシミ消しクリームは 妊娠中でも使うことできます。

 

ハイドロキノンなどの強い美白成分は 妊娠中は避けるべき、という説がありますが、市販のシミ消しクリームは配合濃度が低いため 安全性は高いと考えられています。

 

ですので 妊娠中の利用について 不可といった表記があるものでなければ お肌や体のコンディションと相談しながら使うようにしましょう。

 

とは言っても 妊娠中は何かとデリケートになる時期です。

 

お肌が敏感肌ぎみになり 今まで使ってきた基礎化粧品が合わなくなるという方も多くなる時期です。

 

ですので 今まで使ってきたシミ消しクリームでも急に刺激になるということもあります。

 

そのような時は すぐに使用を中止しましょう。

 

妊娠中から 新たにシミ消しクリームを使い始めるという場合は パッチテストを行い、少量をお肌に乗せて刺激にならないか確認するようにしましょう。

 

最近は 敏感肌の方でも使いやすいシミ消しクリームも登場しています。

 

妊娠中だけ このようなタイプのシミ消しクリームを使ってみるのもよいでしょう。

 

 

妊娠中はシミができやすい?

 

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠をきっかけに シミが目立つようになったという方には いくつか理由があります。

 

一つめの理由が 妊娠中はホルモンバランスの影響でお肌にメラニン色素ができやすくなります。

 

今まで以上にシミ対策が必要になります。

 

とは言っても 妊娠中はお肌が敏感になりがち。

 

日焼け止めを厚塗りするのは抵抗がある、という方も多いでしょう。

 

その場合は UVカット機能のあるファンデーションをしっかり塗る、日傘やマスクなどを使って肌をガードするようにしましょう。

 

また、しみができやすい腕やうなじなども 手袋やスカーフを使ってしっかり紫外線から守りましょう。

 

 

そしてもう一つの理由が 妊娠による急激なホルモンバランスの変化。

 

妊娠中はホルモンバランスの影響で お肌に肝斑が出やすくなります。

 

肝斑については当サイト内 シミと肝斑との違い をご参照ください。

 

出産後しばらくすると 薄くなる方が多いのですが、無防備に日焼けをしてしまうと残りやすくなるので注意が必要です。

 

 

このように妊娠中は意外とシミができやすいことがお分かりいただけたでしょうか?

 

妊娠中は 散歩がてらウォーキングを始める方も増え、紫外線を浴びる機会が増えるという方も多くなります。

 

まずはお肌を紫外線からガード、そしてお肌に刺激になりにくい美白ケア製品でのお手入れをしてゆきましょう。

 

そして 気になるようでしたら かかりつけのお医者様に相談しましょう。