メイクがシミの原因になる?

メイクがシミの原因になる?

シミ,メイク

 

シミはとにかくあるだけで気になるものですよね。

 

シミ消しクリームでケアしている間でも ついついファンデーションが厚塗りになってしまう、という方は多いものです。

 

メイクがシミの原因になることはあるのでしょうか?

 

検証してみました。

 

 

合わないメイク製品でシミに

 

ファンデーションやアイシャドウなどのポイントメイク製品で お肌に合わないものを使うと お肌には刺激になります。

 

肌荒れなどが そのままお肌に色素沈着してしまうことがあります。

 

茶色っぽく色素沈着しているものは メラニン色素が出来てしまっている状態で まさにシミと同じになります。

 

合わないメイク製品を使い続けることはシミの原因になってしまうのですね。

 

 

ブラシや摩擦も刺激となりシミの原因に

 

メイクする際に ブラシを使う方は、穂先がお肌にチクチクとあたることでお肌に刺激を与えている場合があります。

 

こういった刺激もシミになってしまいます。

 

また、コンシーラーなどを使う際に お肌にすりこむように付けたり、押し付けるようにすると お肌には摩擦などの刺激となります。

 

摩擦もお肌には刺激となり、シミの原因となります。

 

ブラシは お肌に直角に当たらないようにする、コンシーラーなどは ポンポンと軽くなじませるように付けるなどしましょう。

 

 

毎日かならずクレンジングを

 

お肌につけたメイクは 皮脂などと混ざってゆきます。

 

ですので一日の終わりには きちんと落とすことが重要です。

 

クレンジングもさまざまな方法がりますが、お肌に潤いを残しながら汚れをしっかり落とすタイプのものを使うようにしましょう。

 

洗浄力だけで選ぶと 肌乾燥などのトラブルになり、ターンオーバーの乱れにつながりシミになりやすくなります。

 

また、メイクをしたまま眠ると 汚れなどをお肌につけたまま長時間過ごすことになります。

 

ですので 必ず毎日落とすようにしましょう。

 

 

 

このように気を付ければメイクはシミの原因にはなりません。

 

それどころか、UVカット機能のあるファンデーションには 紫外線をお肌からガードする役割があります。

 

ですので このようなものを是非とも活用したいところです。

 

ファンデーションには様々なタイプのものがありますが、パウダーファンデーションや 超微粒子入りのリキッドタイプのものがおすすめです。

 

どちらも 細かい粉が 紫外線をはね返す働きがあり、UVカットに効果が期待できるためです。