イボのように盛り上がったシミ

イボのように盛り上がったシミ

イボ,シミ

 

お肌がぷつっと盛り上がり そこがシミのように茶色くなっている・・・

 

これは通常のシミとは違ってイボと呼ばれるものです。

 

正式名称は 脂漏性角化症といい、イボ状になるのは肌に古い角質が残ることが原因です。

 

老人性イボと呼ばれることもあり、熟年層の方のお肌に出やすいものですが、遺伝でできやすい体質の方の場合 若いうちから出来ることがあります。

 

このイボに紫外線の影響でメラニン色素ができると シミのようになるのです。

 

このイボは 全身にできるものですが、顔や首などにできたものは特にシミ状になりやすいので 気になるものですね。

 

また、できたイボ状のシミは 加齢とともに徐々に大きくなる場合があります。

 

 

このイボ状のシミですが、ケア方法としては プツプツと小さい状態でしたら シミ消しクリームである程度ケアができます。

 

また、最近では市販のイボ状のジェルクリームなども増えていますので このようなものを使ったお手入れも効果的でしょう。

 

ですが、皮膚がかなり盛り上がっている場合は 皮膚科での治療が必要となってきます。

 

一般的な治療方法としては 液体窒素が使われますが、最近ではレーザー治療なども行われています。

 

治療法などによって 保険適用される場合とされない場合がありますので注意しましょう。

 

 

また、短期間でイボが急に大きくなった、厚みがかなり増した、という場合は 何らかの悪性腫瘍の可能性があります。

 

念のために早めに受診することをおすすめします。